• 申込フォーム

センサエキスポジャパン2022 2022年9月14日(水)〜16日(金)10:00〜17:00 東京ビッグサイト 西ホール

ご挨拶

センサをはじめとした要素技術は時代のニーズに応じて進化を続けています。これら技術の普及・発展により高度な情報の可視化・収集・蓄積・分析・提案が可能になり、あらゆる産業のDX化が現実味を帯びてきました。
次世代の「DX社会の実現」に向けて、あらゆる産業・業種の要素技術に関わる方々の“つながり”が生まれる場を目指す「SENSOR EXPO JAPAN」は、激しく変動する社会・ビジネスに対応し、さらなる連携・交流を創出する展示会へ進化していくことが求められています。
本展は、DX社会の発展に欠かせないセンサをはじめとした電子部品やデバイスから完成品、実装される装置、それらを活用するサービスなどの、先進的な製品・技術・情報を集めると同時に、次世代につながる最新のテクノロジーを発信いたします。また、現場の課題解決、知識習得、研鑽につながる関連セミナーを開催し、関係者を広く誘致、あらゆる立場の方々の交流を促し、「DX社会」を横断的に考える機会を提供することで、産業全体の活性化を側面から支援いたします。
一方で、「SENSOR EXPO JAPAN」のメインテーマである「センサ・センシング技術」を主導的に活用した展示会を行い、社会や人々の暮らしがいかに豊かにできるのかを提示・提案するだけでなく、「システムの中心技術であるセンサ」をより具体的に表現し、伝えることをこれまで以上に取り組んでまいります。
皆様におかれましては、この機会に是非、貴社技術・製品のPR、商談、新たな価値づくりの場として、ご賛同・ご出展をいただきたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

INFORMATION

開催概要

名  称 SENSOR EXPO JAPAN 2022(センサエキスポジャパン)
開催趣旨 「センシング技術」と「見える化」をテーマとしたビジネス創出のための、人・技術・情報が一同に会する展示会を目指し、 社会発展と各産業の課題解決を目的とする、次世代につながる「DX時代」の実現に貢献します。
開  催
基本方針
① 「センサ・センシング技術」を主導的に活用した展示会を行い、より具体的に表現し、伝える空間へ
② センサに関する製品を展示するだけでなく、テクノロジーを活用した社会や暮らしを提案する空間へ
③ 直近の商談獲得を目指すだけでなく、未来の「価値」を披露・発信し、実現性を高める空間へ
会  期 2022年9月14日(水)~16日(金)
時  間 10:00~17:00
会  場 東京ビッグサイト〔東京国際展示場〕 西ホール
主  催 産経新聞社
特別協賛 一般社団法人次世代センサ協議会
特別協力 センシング技術応用研究会

後援・協賛等については関係省庁、団体へ申請し、決定し次第掲載します。

同時開催

※各展来場者は下記の同時開催展も無料で入場可能となります。

JIMA 2022(第11回総合検査機器展)

製造業を主とした検査・計測・試験・評価・保守に関する専門展示会

主  催:一般社団法人日本検査機器工業会

第24回 自動認識総合展

バーコード、RFID、画像認識などの自動認識製品・技術とソリューションの専門展示会

主  催:一般社団法人日本自動認識システム協会

SUBSEA TECH JAPAN 2022(第4回海洋産業技術展)

海洋技術、海洋ビジネスに関する専門展示会

主  催:産経新聞社

INTERMEASURE 2022(第30回計量計測展)

計量計測業界、最大規模。世界の最先端技術が一堂に集まる総合展示会

主  催:一般社団法人日本計量機器工業連合会

地盤技術フォーラム 2022

地盤の見える化とその対策技術・製品・システムの展示会

土壌・地下水浄化技術展

主  催:一般社団法人土壌環境センター、産経新聞社

地盤改良技術展/基礎工技術展/災害対策技術展

主  催:産経新聞社

FORESTRISE 2022(次世代森林産業展)

“森林産業”の活性化に向けた連携・交流を創出する専門展

主  催:産経新聞社

What to expect from the next edition in September 2022 ?

お問合せ

産経新聞社 事業本部 コンベンション事業部
「センサエキスポジャパン」事務局

〒100−8079 東京都千代田区大手町1−7−2
TEL. 03-3273-6180 FAX. 03-3241-4999
E-mail. sensor@sankei.co.jp