併催企画

基調講演参加無料

9月26日(水)

基調講演①

日  程:2018年9月26日(水) 11:00〜12:00

会  場:レセプションホールA

11:00〜12:00

我が国ものづくりの強化に向けた
「コネクテッド・インダストリーズ」の推進

コネクテッド・インダストリーズは、国が提唱する将来の産業の在り方を示すコンセプトであり、様々な業種、企業、人、データ、機械等が繋がり、価値創出が行われる産業の姿を目指すもの。デジタル化、人手不足等に直面する中、我が国ものづくりの強化に向けては、コネクテッド・インダストリーズの考え方を活かし、IoTやAI、ロボット等の先進ツールを積極活用していくことが鍵であり、その現状と課題について考えを述べる。

徳増 伸二 氏

経済産業省製造産業局 参事官(デジタル化・産業システム担当)

基調講演②

日  程:2018年9月26日(水) 13:30〜14:30

会  場:レセプションホールA

13:30〜14:30

「ロボット革命の進展と
IoTによる製造ビジネスの変革」

2015年に設立されたロボット革命イニシアティブ協議会のこれまでの活動成果と今後の展望を紹介する。ロボットに関しては利活用推進およびイノベーション加速、IoTに関しては国際標準化、セキュリティ、中堅中小企業支援などを活動の対象としている。ドイツのインダストリー4.0をはじめとする各国の団体との連携状況についても紹介する。

久保 智彰 氏

ロボット革命イニシアティブ協議会 事務局長

ロボット特別セミナー参加無料

日  程:2018年9月27日(木)

会  場:東4ホール セミナー会場A

企画協力:日本工業出版㈱ 月刊「検査技術」

9月27日(木)

11:50〜12:30

インフラ点検用ロボット等の開発・普及に向けた経産省の取り組みについて

インフラ維持管理にロボット等の活用が期待されており、これまでに実施した開発事業の成果と普及に向けた課題について説明する。また、ワールドロボットサミットの概要について説明する。

講演者:吉村 俊厚 氏

経済産業省 製造産業局 産業機械課 ロボット政策室 室長補佐 (ロボット政策担当)

13:00〜13:40

福島ロボットテストフィールドの概要と役割

物流、インフラ点検、大規模災害などに活用が期待される無人航空機、災害対応ロボット、水中探査ロボットといった陸・海・空のフィールドロボットを主対象に、実際の使用環境を拠点内で再現しながら研究開発、実証試験、性能評価、操縦訓練を行うことができるテストフィールドについて紹介する。

講演者:中村 敬 氏

一般財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構 ロボット事業部 部長

14:10〜14:50

災害対応向け防爆自走ロボット開発と
デュアルユース構想

トンネル内事故など、引火性ガスによる爆発や火災を引き起こす危険性を大幅に抑える防爆性能を備えた遠隔操縦式の移動ロボット「桜II号(防爆仕様)」を共同開発し、現場状況をファーストレスポンダとして迅速、安全に確認することを可能とした。その概要と産業プラント点検などへのデュアルユース構想について解説する。

講演者:大西 献 氏

三菱重工業株式会社 パワードメイン原子力事業部 機器設計部 技監・主幹技師

15:20〜16:00

産業プラント向け配管検査自走ロボットシステムの実用開発

産業プラントの配管断熱下外面腐食検査の合理化を目指し、自走検査ロボットシステム開発に産学連携で取り組んで来た。現在までに現場実配管における実証試験より検査の合理化ミッション達成の見通しを得、来年度に社会実装する予定である。その概要について紹介する。

講演者:三浦 到 氏

三菱ケミカル株式会社 鹿島事業所 設備技術部 SSMTグループ

AI特別セミナー参加無料

日  程:2018年9月27日(木) 10:30〜11:20

会  場:東4ホール セミナー会場AA

主  催:主催:産経新聞社

9月27日(木)

10:30〜11:20

「AI人材育成の必要性について」

産経新聞社はAI TOKYO LABと連携したAI人材育成講座を開設します。北海道大学 調和系工学研究室の川村秀憲教授が監修したプログラムで、今回は同講座で学ぶAIの基礎知識や、AIの進化、研究の歴史をわかりやすく解説するとともに、現在ビジネス界でどのようにAIが活用されているかの具体的な事例をご紹介します。

講 師:松井 宏樹 博士(情報科学)

AI TOKYO LAB株式会社 シニアプロジェクトマネージャー

産業技術総合研究所にて災害時における交通シミュレーションを担当した後、金融市場における分析とデータ配信、医療・介護ロボットの研究開発に、複数のスタートアップ企業にてAI・ITの専門家として研究開発・企画営業の両面に参加。
現在は、高度専門知識を用いてコンサルティング、ソリューション提案を行う。

NEXT-S 次世代センサフォーラム

主 催:(一社)次世代センサ協議会、フジサンケイ ビジネスアイ

展示コーナー

大学による試作品展示コーナー・技術発表会と無料の技術相談コーナー

  • 兵庫県立大学

    世界初のウェアラブル生活リズム計測センサ。一つのセンサを貼るだけで、行動推定と同時に心電、心拍、呼吸、緊張度、深部体温計測が可能。

  • 東北大学大学院医工学研究科 芳賀・松永・鶴岡研究室

    微細加工技術を用いた次世代医療・ヘルスケアデバイス

  • 株式会社青電舎 <東京大学発ベンチャー>

    形状記憶合金を用いた触感デバイスおよび新原理の高信頼性トルク計

  • 地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所

    KISTEC(神奈川県立産業技術総合研究所)のセンサー、微細加工等に関する事業内容、技術開発支援の紹介

  • 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 三林研究室

    (1)生体成分モニタリング用「キャビタスセンサ」
    (2)生体触媒を利用した揮発性ガスセンサ「バイオスニファ」、可視化計測システム
    (3)環境医学のための免疫計測システム

  • 国立大学法人長崎大学 山本郁夫研究室

    上肢リハビリロボットの開発

  • 東京大学IRT研究機構

    カンチレバー型気圧センサを用いた高度計

  • ソナス株式会社<東京大学発ベンチャー>

    ルーティングレスマルチホップ無線“Choco”

JASST 30周年記念特別展示

「進化するセンシング技術が支えるスマート社会」

一般社団法人次世代センサ協議会の創立30周年を記念して、今後10年間に発展するであろうスマート社会のいくつかの応用事例とシステム構築のためのセンシング技術(SENSPIRE)によるイノベーションを考えるパネル展示です。
センサ技術無料相談コーナー

「どのように計ったら」、「どの原理のセンサを使ったら」、「どのように設置したら」
といった課題を専門家がお答えします。

次世代センサ総合シンポジウム“ニーズとシーズの出会い”

─次世代のセンサ研究・開発者向けのシンポジウム。3日間、5テーマで開催─

日 程:2018年9月26日(水)~28日(金)

会 場:東京ビッグサイト 会議棟6F 610号室

主  催 一般社団法人次世代センサ協議会
協  力 フジサンケイ ビジネスアイ(日本工業新聞社)
協  賛 一般社団法人電気学会、一般社団法人電子情報通信学会、公益社団法人応用物理学会、公益社団法人電気化学会、センシング技術応用研究会、一般社団法人日本赤外線学会、公益社団法人計測自動制御学会、公益社団法人日本生体医工学会、一般社団法人レーザー学会、公益社団法人精密工学会、一般社団法人日本機械学会、一般社団法人日本ロボット学会、IEEE東京支部、公益社団法人日本技術士会、公益社団法人日本表面真空学会、一般財団法人マイクロマシンセンター、一般社団法人未踏科学技術協会、日本信頼性学会、公益社団法人日本分析化学会、一般財団法人光産業技術振興協会、一般社団法人日本計量機器工業連合会、一般社団法人日本電気計測器工業会、特定非営利活動法人安全工学会、MEMSパークコンソーシアム、特定非営利活動法人光ファイバセンシング振興協会、モバイルコンピューティング推進コンソーシアム、 公益社団法人土木学会 (順不同、依頼中)
参 加 費
(1セッション)
(消費税・資料代込)
次世代センサ協議会会員 8,500円(全セッション申込34,500円)
次世代センサ協議会研究会員 11,000円(全セッション申込43,000円)
協賛団体会員 11,000円(全セッション申込43,000円)
一    般 13,000円(全セッション申込52,000円)
学    生 3,500円(全セッション申込13,000円)
問 合 せ
申 込 先

一般社団法人次世代センサ協議会 事務局

TEL. 03-5294-2333 FAX. 03-5294-0909

E-mail. office@jisedaisensor.org

URL. http://www.jisedaisensor.org/

9月26日(水)
Session 1

「生体ガスセンシングによる先端医療診断と
身体状態モニタリング」

座長:石森 義雄

超早期診断による寿命および健康寿命の延伸が期待されており、呼気などの生体ガスによる安全かつ簡便な医療計測が注目されています。本セッションでは、医療の現場においてすでに実用化されている先導的な呼気診断に加えて、高感度かつ選択的な生体ガス計測を可能とする新規なセンサデバイスおよび情報技術、そして皮膚ガスによる状態モニタリングの可能性について、当該領域の第一線にて活躍されている先生方にご講演いただきます。

14:00~14:45

「嗅覚IoTセンサMSSによる生体ガス測定の可能性」

国立研究開発法人 物質・材料研究機構 センサ・アクチュエータ研究開発センター/
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 グループリーダー 吉川 元起 氏

14:45~15:30

「ピロリ菌(H.pylori)検査の変遷と現状 
-尿素呼気試験法を含めて各種検査法の状況-」

大塚製薬株式会社 診断事業部 企画部製品企画課 課長 高野 浩一 氏

15:30~16:15

「呼気・皮膚ガスの高感度&選択的な
バイオモニタリングとイメージング」

東京医科歯科大学 生体材料工学研究所センサ医工学分野 教授 三林 浩二 氏

9月27日(木)
Session 2

「自動車用センサ -自動運転とセンサ-」

座長:室 英夫

自動車システムの電子化はエンジン制御からスタートし、様々なシステムへと展開されてきましたが、本セッションではこれら電子システム実現のキーデバイスとなっている自動車用センサに関連するテーマを取り上げてきました。今回も昨年に引き続き、現在話題となっている自動運転にターゲットを絞り、専門の講師の方々にご講演いただきます。

10:00~10:45

「自動車用イメージ・センサ、現在の課題と解決法」

STマイクロエレクトロニクス株式会社 イメージング製品部 部長 高口 達至 氏

10:45~11:30

「自動車用LiDARのセンシングソリューション」

東芝デバイス&ストレージ株式会社 デジタルマーケティング統括部
システム技術部 参事 内山 峰春 氏

11:30~12:15

「各種センサを入力とするNVIDIAの
自動運転用DRIVEプラットフォーム」

エヌビディア 技術顧問・GPUエバンジェリスト 馬路 徹 氏

Session 3

「人工知能(機械学習)とセンサ応用
〜理解を深めて新しい応用を拡げよう〜」

座長:前田 賢一

AIブームと言われますが、リアルタイムな情報を扱うセンサへの応用はようやく始まったといえます。本セッションでは深層学習が注目される人工知能、機械学習の理解をより深め、生体計測や自動運転などの応用事例を理解するためのセミナー的シンポジウムとなります。AI初心者を歓迎いたします。

14:00~14:45

「機械学習を利用するための考え方のポイント」

埼玉大学 大学院理工学研究科(情報メディア基盤センター)准教授 大久保 潤 氏

14:45~15:30

「機械学習と生体計測情報によるココロの可視化」

公立小松大学 生産システム科学部 准教授 梶原 祐輔 氏

15:30~16:15

「自動運転やロボットの暗所での
安全を担保する画像センシング技術」

株式会社本田技術研究所 R&DセンターX 谷口 恭弘 氏

9月28日(金)
Session 4

「社会実装進むインフラモニタリング新技術」

座長:高田 敬輔

社会インフラの維持管理に各種モニタリング技術が開発され、社会実装が進んでいる。斜面防災、減災のための点群データ、ドローンによる3D計測システム。橋梁モニタリングのための低消費電力・ワイヤレス通信システム。戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)で解明されたコンクリート橋梁の劣化とモニタリングによる評価システムなど、ホットな技術を紹介します。
※本セッションは土木学会認定CPDプログラムに登録されています。

 

10:00~10:45

「空間情報の社会インフラ分野での利活用」

株式会社パスコ 中央事業部技術センター 副センター長 下村 博之 氏

10:45~11:30

「社会インフラ維持管理におけるIoT 化の取り組み」

株式会社NTTデータ ユーティリティ事業部 第二統括部 課長 石川 裕治 氏

11:30~12:15

「コンクリート橋の早期劣化とその対策およびモニタリング技術」

金沢大学 理工研究域地球社会基盤学系 特任教授 鳥居 和之 氏

Session 5

「IoT/センサシステムを支える 最新の基盤技術」

座長:栗山 敏秀

『IoT:Internet of Things』において、センサにより得られた「実際の世界」の情報を、『いかに伝えるか』、『どのように処理するか』がデータを活用する点でキーとなっています。最近、進歩が著しい無線通信技術と端末側での情報処理技術について、IoTの普及とともに重要性を増しているセンサ情報のセキュリティを含め幅広い観点からとらえてみたいと思います。

 

14:00~14:45

「KDDIの5G・IoTビジネス戦略と今後の取り組みについて」

KDDI株式会社 ソリューション事業本部 ビジネスIoT推進本部 
ビジネスIoT企画部長 原田 圭悟 氏

14:45~15:30

「モバイルネットワークにおける超低遅延アプリケーションの
ためのエッジコンピューティングの応用」

NEC システムプラットフォーム研究所 主幹研究員 下西 英之 氏

15:30~16:15

「IoTにおけるサイバー攻撃の最新動向」

横浜国立大学大学院環境情報研究院/先端科学高等研究院 准教授 吉岡 克成 氏

※講師演題はやむを得ず変更になる場合があります。

光計測シンポジウム2018

日 程:平成30年9月27日(木) 10:00-16:00

会 場:東京ビックサイト 会議棟7階 701+702会議室

主  催 (公社)計測自動制御学会
参 加 費
(論文集込)
一般参加 全日参加 6,000円
午後参加 5,000円
賛助会員 全日参加 4,000円
午後参加 3,000円
正会員、特別会員 全日参加 3,000円
お問合せ先

日本光学測定機工業会『光計測シンポジウム』事務局
TEL/FAX 03-3435-8083
E-mail info@j-oma.jp

講演要旨

講演要旨は以下から閲覧できます。
http://www.j-oma.jp/hikari_keisoku_sympo_kouen.html

9月27日(木)
時 間 演題項目/発表者(○登壇者)
 

挨 拶:明田川 正人(日本光学測定機工業会 技術顧問)

 

【座長】椎名達雄(千葉大学)

10:00 〜10:20

偏光カメラによる微分干渉コントラストビデオ顕微鏡

○大谷幸利、高野 航、柴田秀平、ネイザン・ヘーガン(宇都宮大学)

10:20 〜10:40

焦点距離可変レンズ「TAGLENSTM(タグレンズ)」

○長濱 龍也、新井 雅典、久保 光司、岡安 正樹、大庭 信男、倉橋 佑旗、酒井 裕志、
 Todd Watson, Casey Emtman(株式会社ミツトヨ)

10:40 〜11:00

マッハ・ツェンダー干渉計による
多層構造の光ファイバ屈折率分布測定

○北川 克一(技術コンサルタント)、溝尻 旬(株式会社溝尻光学工業所)

11:00 〜11:10

休 憩

 

【座長】大谷 幸利(宇都宮大学)

11:10 〜11:30

内面形状計測装置の改良と応用例

○吉澤 徹、鎌倉 吉寿、森弘 秀美(NPO法人三次元工学会)

11:30 〜11:50

LEDライダーによる狭隅角での波浪挙動観測

○椎名 達雄(千葉大学)

11:50 〜12:10

高精度非接触ラインスキャナと多関節アーム測定機を使用した測定事例

○江原 史和、中村 吉助(株式会社小坂研究所)

12:10 〜13:30 休 憩
  【座長】明田川 正人(長岡科学技術大学)
13:30 〜13:50

スペックル干渉計測法を用いた
レンズの回折限界を超えた三次元形状計測法

○新井 泰彦(関西大学)

13:50 〜14:10

非破壊・非接触の高速計測・検査ツール
ナノ3D光干渉計測システムのご紹介

○柳川 香織(株式会社日立ハイテクノロジーズ)

14:10 〜14:30

スペクトル制御干渉法(SCI)による精密計測への新展開

○佐藤 敦(キヤノンマーケティングジャパン株式会社)

14:30 〜14:50

高さ分解能0.1nmを有する光ヘテロダイン計による表面粗さ計測

○藤田 宏夫(有限会社フジ・オプトテック)

14:50 〜15:00 休 憩
  【座長】新井 泰彦(関西大学)
15:00 〜15:20

正弦波周波数または位相変調による2次元変位・形状計測干渉計

○明田川 正人、中川 盛太、樋口 雅人、韋 冬(長岡技術科学大学)

15:20 〜15:40

正弦波位相変調法を使用した2波長干渉計

○青戸 智浩、林 恭平、川田 善之(株式会社東京精密)

15:40 〜16:00

パルス列繰返し間隔長を用いた長さ計測における
干渉縞信号分析の技術開発

○榎 健太、長田 悠佑、小野寺 充、韋 冬、明田川 正人(長岡技術科学大学)

 

挨 拶:日本光学測定機工業会 会長


日本光学測定機工業会HPから受講申込書をダウンロードして頂き、
必要事項ご記入後、事務局までメールに添付の上お申し込みください。