併催企画

基調講演

日 程:2016年9月28日(水) 13:30〜15:00

会 場:東京ビッグサイト レセプションホール

聴講料:無料

9月28日(水)

13:30〜15:00

IoT時代の日本及び日本企業をどう方向性付けるか
―モノ造り・モノ売りからオープン&クローズ・CPSの戦略へ―

東京大学 政策ビジョン研究センター シニア・リサーチャー 小川 紘一 氏

デジタル技術やソフトウエアが価値形成を先導する21世紀に、世界の産業界が100年に一度とも言うべき転換期に立った。ITSは元より計量・計測や検査機器であっても、決して例外ではない。この延長にIoTやIndustrie4.0の時代が到来する。
本講演では、まず競争ルールの変化に適応できず市場撤退を繰り返す企業と勝ちパターンを再構築して大躍進する企業の違いをオープン&クローズの戦略思想から解き明かす。これを踏まえて第二に、競争ルールがグローバル市場の隅々で変わるIoTの時代であっても、モノ造りが得意な日本企業だからこそ構築できる新たな勝ちパターンの体系を、オープン&クローズの戦略思想とCPS(CyberPhysical System)の視点から提案したい。ここから皆さんと一緒に日本型インダストリーの方向性を再構築したい。

特別講演

日 程:2016年9月30日(金) 13:00〜14:00

会 場:会議棟6F 608号室

聴講料:無料

9月30日(金)

13:00〜14:00

トリリオンIoT
―センサが創るIoTの将来社会―

株式会社日立製作所 IoT・クラウドサービス事業部 事業主管 木下 泰三 氏

IoTの発展が期待されている昨今、その普及には大量のセンサがモノに付けられる事が重要となります。
本講演では、2020年に700億、2030年に1兆個のセンサが期待出来るアプリケーション分野のロードマップを提言するとともに、普及に必要な技術課題などにも言及します。

定員に達しましたので、受付を終了しました

PRセミナー

センサ技術に関する最新技術・製品を発表します

日 程:2016年9月28日(水)・30日(金)

会 場:東京ビッグサイト 展示会場内 特設会場D

参加費:無料

9月28日(水)

13:00〜14:00

サイエンス ソリューションズ(株)

IoTプラットフォーム Argoculus のご紹介

14:00〜15:00

(株)ビー・アンド・プラス

ワイヤレス給電を用いたセンサ機器の用途拡張について

9月30日(金)

10:30〜11:30

Nordic Semiconductor ASA

次世代Bluetoothとマルチプロトコル無線技術のセンサーへの応用

展示会場内セミナー会場まで直接お越しください

NEXT-S 次世代センサフォーラム

主 催:(一社)次世代センサ協議会

協 力:フジサンケイ ビジネスアイ

展示コーナー

大学や研究機関による試作品・研究成果発表コーナーと無料の技術相談コーナー

試作品・研究成果発表コーナー
  • フォトプレシジョン株式会社
  • 地方独立行政法人 大阪府立産業技術総合研究所
  • 東北大学大学院医工学研究科 芳賀研究室
  • 株式会社コアシステムジャパン
  • 株式会社青電舎
  • 兵庫県立大学/アフォードセンス株式会社
  • 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 三林研究室
  • 一般財団法人マイクロマシンセンター
  • Dog Noseセンサ技研
  • 東北大学 マイクロシステム融合研究開発センター
  • 東北大学 田中(秀)研究室
    MEMSの研究開発受託
  • 東北大学 田中(秀)研究室
    触覚センサ、プラットフォームLSI
  • NPO法人慣性センサ応用技術研究協会
  • 一般社団法人次世代センサ協議会
    社会インフラ・モニタリングシステム研究会
  • 一般社団法人次世代センサ協議会
    海洋計測センサシステム研究部会
  • 株式会社オーギャ
無料の技術相談コーナー

「どのように計ったら」、「どの原理のセンサを使ったら」、「どのように設置したら」といった課題を専門家がお答えします。

【特別企画】 第六回 次世代センサ研究発表会

─次世代のセンサ研究を担う学生による研究発表会─

日 程:2016年9月28日(水)

会 場:東京ビッグサイト 展示会場内

参加費:無料

準備中

次世代センサ総合シンポジウム

次世代のセンサ研究・開発者向けのシンポジウム。3日間、5テーマで開催

日 程:2016年9月28日(水)~30日(金)

会 場:東京ビッグサイト 会議棟6F 610号室

主  催 (一社)次世代センサ協議会
協  力 フジサンケイ ビジネスアイ(日本工業新聞社)
協  賛 一般社団法人電気学会、一般社団法人電子情報通信学会、公益社団法人応用物理学会、公益社団法人電気化学会、センシング技術応用研究会、日本赤外線学会、公益社団法人計測自動制御学会、一般社団法人日本生体医工学会、一般社団法人レーザー学会、公益社団法人精密工学会、一般社団法人日本機械学会、一般社団法人日本ロボット学会、IEEE東京支部、公益社団法人日本技術士会、一般社団法人日本真空学会、一般財団法人マイクロマシンセンター、マイクロ・ナノマシン研究会、一般社団法人未踏科学技術協会、日本信頼性学会、公益社団法人日本分析化学会、一般財団法人光産業技術振興協会、一般社団法人日本計量機器工業連合会、一般社団法人日本電気計測器工業会、特定非営利活動法人安全工学会、MEMSパークコンソーシアム、特定非営利活動法人光ファイバセンシング振興協会、公益社団法人土木学会、モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(順不同、依頼中)
参 加 費
(1セッション)
(消費税・資料代込)
次世代センサ協議会会員 8,500円(全セッション申込34,500円)
次世代センサ協議会研究会員 11,000円(全セッション申込43,000円)
協賛団体会員 11,000円(全セッション申込43,000円)
一    般 13,000円(全セッション申込52,000円)
学    生 3,500円(全セッション申込13,000円)
問 合 せ
申 込 先

一般社団法人次世代センサ協議会 事務局

TEL. 03-5294-2333 FAX. 03-5294-0909

E-mail:office@jisedaisensor.org

9月28日(水)
Session 1

医療計測及び診断のための生体センサ&デバイスの研究開発

座長:三林 浩二

早期の医療診断に対するニーズが増すなか、高感度な生体計測および高精細なシステムが必要とされており、先導するセンサ技術や光学デバイスが開発されています。パルスオキシメータは動脈血の酸素飽和度を簡便に計測でき、麻酔管理や手術中、ICUでのモニタ、在宅酸素療法の患者指導など広く用いられています。またMEMS技術を用いた円筒形状の高精細な内視鏡や、圧迫することなく測定ができるカフレス血圧センサなどの先進のデバイス機器が開発されています。本セッションでは、今後の医療診断を支える計測およびシステム技術において、研究開発及びビジネス展開する研究者の方々に、新たなセンサ並びにデバイスをご詳述いただき、その実用化と事業化の展開についてもご紹介いただきます。

14:00~14:45

パルスオキシメータの誕生と医療への貢献

日本光電工業株式会社 生体モニタ事業本部  バイタルセンサ部 鵜川 貞二 氏

14:45~15:30

MEMS技術を用いた体腔内イメージングデバイスの開発

東北大学大学院医工学研究科 芳賀研究室 助教 マイクロシステム融合研究開発センター
松永 忠雄 氏

15:30~16:15

ウエアラブル用カフレス血圧測定デバイスチップの開発とBigデータへの展開

CYBERDYNE株式会社 研究開発部門 尾股 定夫 氏

※講師演題はやむを得ず変更になる場合があります。

9月29日(木)
Session 2

自動車用センサ -車両制御とセンサ-

座長:室 英夫

排ガス規制対応のエンジン制御からスタートしたカーエレクトロニクスの開発においては各種のシステムが電子化されてきましたが、本セッションではこれら電子システム実現のキーデバイスとなっている自動車用センサに関連するテーマを取り上げてきました。今回は高性能MEMS振動ジャイロ、GMR(巨大磁気抵抗効果)素子を用いた磁気式回転センサ、ADAS用環境認識センサに関し、それらの現状と将来展望について専門の講師に講演していただきます。

10:00~10:45

光ファイバージャイロを凌駕するMEMS高精度ジャイロ

株式会社シリコンセンシングプロダクツ チーフエンジニア 椎山 賢一 氏

10:45~11:30

A high performance iGMR-speed-sensor with back bias ferrite magnet being resistive against magnetic distortion in hybrid vehicles

Infineon Technologies Austria AG Design Center, Automotive,
Sense and Control  Mr. Klaus Grambichler

※英語による講演

11:30~12:15

ADASを支えるボッシュのセンサ技術

ボッシュ株式会社 シャシーシステムコントロール事業部
ドライバーアシスタンスアプリケーション開発部 部長 安部 大輔 氏

Session 3

海洋計測センサ -海洋産業創設への道のりと関連計測の状況-

座長:島田 芳夫

学術研究の場であった海洋も産業創生への転換期を迎えている。特に将来を見据えて資源エネルギーへの対応に海洋は不可欠となってきており、今まで外国主導であった海洋技術に関しても日本製品への期待が高まってきている。このような背景の元、今年の[SUBSEA TECH JAPAN]の取り組みに関連し、これを機会に海洋産業発展をめざし、今までの海洋産業を俯瞰し、日本での海洋産業の重要候補及び内外の関連計測技術を概観する。

14:00~14:45

我が国の海洋政策と海洋産業の現状

一般社団法人海洋産業研究会 常務理事 中原 裕幸氏

14:45~15:30

海洋産業と地方創生

長崎大学 大学院教授/ 海洋未来イノベーション機構海洋エネルギー利用研究部門長 
山本 郁夫 氏

15:30~16:15

内外の海洋計測器の状況

阿部海外サポート  阿部 純一郎 氏

※講師演題はやむを得ず変更になる場合があります。

9月30日(金)
Session 4

社会インフラ -実用化に向かう構造物計測技術-

座長:高田 敬輔

社会インフラの維持管理のため構造物のヘルスモニタリング技術の研究が進められている。構造物の劣化損傷モニタリング技術として加速度、変位、歪み等のセンサによる計測と構造解析、長期実データ収集など多岐技術が必要とされ、総合的な評価手法は研究途上と見る事ができます。 本セッションでは構造物計測に関する新しい技術を紹介し、実用化の可能性を探ってみます。

10:00~10:45

モアレを利用した構造物の変形分布計測

国立研究開発法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター 
分析計測標準研究部門 総括研究主幹 兼務 非破壊計測研究グループ長 津田 浩 氏

10:45~11:30

インフラ構造物のi-NDT(革新非破壊試験)による健全性評価

京都大学大学院工学研究科 社会基盤工学専攻 インフラ先端技術共同研究講座 特定教授 
塩谷 智基 氏

11:30~12:15

路線バスによる橋梁モニタリングシステム

株式会社構造計画研究所 サステナブル・ソリューション部 保全技術室 室長 矢部 明人 氏

Session 5

『IoT/センサがひらく将来社会』 “SENSPIRE™ the Future !”

座長:栗山 敏秀

第5次科学技術基本計画が決定され、「超スマート社会」(Society5.0)の実現を目指した『IoT:Internet of Things』の活用がうたわれています。IoTの中核技術となるのが「リアルな世界」と「サイバーな世界」を結ぶ各種センサですが、これらの最近の技術進歩とそれが実現する将来の社会について、幅広い観点から考えてみたいと思います。

14:00~14:45

最近のMEMSの進歩とIoT

東京大学 生産技術研究所マイクロナノ学際研究センター  教授 藤田 博之 氏

14:45~15:30

いかにして価値あるIoTシステムをデザインするか
~IoTシステムデザインアプローチ~

慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 准教授 白坂 成功 氏

15:30~16:15

IoTにおけるセキュリティ ~その課題と有効な対応は?~

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 専務理事 笹岡 賢二郎 氏

※講師演題はやむを得ず変更になる場合があります。

SICE計測部門・システムインテグレーション部門共催セミナー

日 程:2016年9月29日(木)

会 場:会議棟6F 609号室

主  催 (公社)計測自動制御学会
協  力 フジサンケイ ビジネスアイ(日本工業新聞社)
参 加 費 主催学会会員 (資料あり) 3,000円
一般(資料あり) 5,000円
学生 無料
お問合せ先

川喜田 佑介 E-mail: kwkt@inf.uec.ac.jp

高橋 淳二 E-mail: takahashi@it.aoyama.ac.jp

9月29日(木)

13:00〜13:50

「AI とハプティクス」

東京大学 教授 篠田 裕之 氏

14:00〜14:50

「主観性に基づく触覚の情報化と活用」

名古屋工業大学 准教授 田中 由浩 氏

15:00〜15:50

「実世界データの機械学習」(仮)

統計数理研究所 所長 樋口 知之 氏

16:00〜16:50

「新しいプログラミング・パラダイムとしての深層学習」

Preferred Networks 丸山 宏 氏

※講師の都合で時間が変更になる可能性があります。

島田 芳夫

世界で6番目の広さを有する日本のEEZ圏ですが、そこに存在すると言われる資源・エネルギーの有効活用がこれからの重要課題となります。また現時点で重要な石油ガス資源の採掘現場も深海へと向かいつつあります。日本の将来産業の要となる海洋に注目、新しい産業創出の第一歩とすべく今回の海洋ブースを企画しました。

[一社]次世代センサ協議会 常務理事 海洋計測センサ研究部会
島田 芳夫

出展社情報 (50音順・8月1日現在)
  • (株)SGKシステム技研
  • 国立研究開発法人 海洋研究開発機構
  • 一般社団法人海洋調査協会
  • 川崎重工業(株)
  • 高知大学/東京大学/東京海洋大学
  • 五洋建設(株)
  • 坂田電機(株)
  • サブシー連携プラットフォーム
  • 一般社団法人次世代センサ協議会・
    海洋計測センサ研究部会
  • スコットランド国際開発庁
  • 大晃機械工業(株)
  • テクノオーシャン2016実行委員会
  • 東京産業(株)
  • 東京大学 海洋技術環境学専攻
  • 東京大学 生産技術研究所 巻研究室・
    ソーントン研究室
  • 長崎県
  • 国立大学法人 長崎大学 大学院工学研究科
    システム科学部門 機械科学分野
  • 長野計器(株)
  • 日本航空電子工業(株)
  • マリメックス・ジャパン(株)
  • 三井造船(株)
  • 横河電機(株)
  • 横浜市