併催企画

PRセミナー

センサ技術に関する最新技術・製品を発表します

日 程:2015年9月18日(金)

会 場:東京ビッグサイト 展示会場内 特設会場B(展示会場内セミナー会場まで直接お越しください)

参加費:無料

プログラム

13:30〜14:15

サイエンス ソリューションズ(株)
IoTプラットフォーム Argoculus のご紹介

14:30〜15:15

(株)ビー・アンド・プラス
・ワイヤレス給電とは?
・B&PLUS が目指すワイヤレス給電の未来
・FA 用ワイヤレス給電システム「リモートシステム」

15:30〜16:15

(株)シリコンセンシングシステムズジャパン
FOG搭載IMU 性能を超えるMEMSジャイロIMU「DMU30」

NEXT-S 次世代センサフォーラム

主 催:(一社)次世代センサ協議会
協 力:フジサンケイ ビジネスアイ

展示コーナー

大学や研究機関による試作品・研究成果発表コーナーと無料の技術相談コーナー

■出展者リスト
(株)オーギャ
(地独)大阪府立産業技術総合研究所
公立大学法人大阪府立大学 機能デバイス研究室
岡山大学大学院 自然科学研究科
神奈川県産業技術センター
金沢大学
NPO法人慣性センサ応用技術研究協会
(一社)次世代センサ協議会/海洋計測センサシステム研究部会
(一社)次世代センサ協議会/社会インフラモニタリングシステム研究会
スコットランド国際開発庁及びCENSISイノベーションセンタ
(株)青電舎
東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 三林研究室
東北大学大学院 医工学研究科 芳賀研究室
東北大学 田中秀治研究室
東北大学 マイクロシステム融合研究開発センター
飛島建設(株)/(株)東横エルメス
兵庫県立大学/アフォードセンス(株)
フォトプレシジョン(株)
(一財)マイクロマシンセンター
(株)渡辺製作所

次世代センサ総合シンポジウム

次世代のセンサ研究・開発者向けのシンポジウム。3日間、5テーマで開催

日 程:2015年9月16日(水)~18日(金)

会 場:東京ビッグサイト 会議棟6F 610号室

協  賛 一般社団法人電気学会、一般社団法人電子情報通信学会、公益社団法人応用物理学会、公益社団法人電気化学会、センシング技術応用研究会、日本赤外線学会、公益社団法人計測自動制御学会、一般社団法人日本生体医工学会、一般社団法人レーザー学会、公益社団法人精密工学会、一般社団法人日本機械学会、一般社団法人日本ロボット学会、IEEE東京支部、公益社団法人日本技術士会、一般社団法人日本真空学会、一般財団法人マイクロマシンセンター、マイクロ・ナノマシン研究会、一般社団法人未踏科学技術協会、日本信頼性学会、公益社団法人日本分析化学会、一般財団法人光産業技術振興協会、一般社団法人日本計量機器工業連合会、一般社団法人日本電気計測器工業会、特定非営利活動法人安全工学会、MEMSパークコンソーシアム、特定非営利活動法人光ファイバセンシング振興協会、公益社団法人土木学会(順不同、依頼予定)
参 加 費
(税・資料代込)
次世代センサ協議会会員 8,640円(全セッション申込 34,560円)
次世代センサ協議会研究会・研究部会会員 10,800円(全セッション申込 43,200円)
協賛団体会員 10,800円(全セッション申込 43,200円)
一    般 12,960円(全セッション申込 51,840円)
学    生 3,240円(全セッション申込 12,960円)
問 合 せ
申 込 先

一般社団法人次世代センサ協議会 事務局

TEL. 03-5294-2333 FAX. 03-5294-0909

E-mail:office@jisedaisensor.org
▶お申し込みはこちら

■プログラム
9月16日(水)
Session 1

あらゆる産業のスマートモニタリングに必須なMEMSと、その周辺技術

座長:三原 孝士 氏

14:00〜14:45 トリリオンセンサ時代の高効率エネルギーハーベストへの挑戦

静岡大学 大学院工学研究科 教授 橋口 原 氏

14:45〜15:30 超低雑音回路技術によるセンサの性能向上:
既存・新規開発センサの性能を飛躍的に高める技術

一般財団法人マイクロマシンセンター 三原 孝士 氏

15:30〜16:15 MEMSセンサネットワークとビジネス化

国立研究開発法人産業技術総合研究所 エレクトロニクス・製造領域 研究戦略部 
上席イノベーションコーディネータ 前田 龍太郎 氏

9月17日(木)
Session 2

自動車用センサ -車両制御とセンサ-

座長:室 英夫 氏

10:00〜10:45 車載用振動ジャイロの概要と将来展望

(株)村田製作所 技術・事業開発本部 新規技術センター 先端技術研究開発センタ 
エキスパート 小林 真司 氏

10:45〜11:30 自動車用回転センサの概要、現状と展望 -GMR回転センサの開発を通して-

三菱電機(株) 姫路製作所 電子応用機器第二製造部 次長 川野 裕司 氏

11:30〜12:15 赤外線イメージセンサの現状と将来展望

立命館大学 理工学部 教授 木股 雅章 氏

Session 3

海洋計測センサ -海洋計測センサの先端内外状況-

座長:島田 芳夫 氏

14:00〜14:45 外洋における気候変動現象の計測技術

国立研究開発法人海洋研究開発機構
海洋工学センター 海洋技術開発部 長期観測技術グループ 石原 靖久 氏

14:45〜15:45 Technologies and Opportunities for Next Generation Subsea Operations
Industry Drivers and Emerging Opportunities

Mr. Scott Wilson(スコット ウィルソン氏) Scottish Enterprise

Sensing Challenges and Technologies

Dr. Mark Begbie(マーク ベグビー博士) CENSIS ※英語による講演

15:45〜16:30 海洋音響技術:その現状と課題

特定非営利活動法人海洋音響学会 元会長 鎌田 弘志 氏

9月18日(金)
Session 4

社会インフラ -社会インフラ新計測技術の実用化に向けて-

座長:高田 敬輔 氏 (本セッションは土木学会認定CPDプログラムに登録されています)

10:00〜10:45 橋梁の劣化損傷点検とロボット応用

東京工業大学 大学院理工学研究科土木工学専攻 准教授 佐々木 栄一 氏

10:45〜11:30 リモートセンシング技術による地すべり、斜面モニタリング

(株)パスコ 中央事業部 技術センター 副センター長 下村 博之 氏

11:30〜12:15 車両制御用MEMS加速度センサの社会インフラ保全応用と技術課題

曙ブレーキ工業(株) 新規事業部 センサ事業室 シニアエキスパート 国見 敬 氏

Session 5

医療・バイオメディカルのための新しいバイオセンシングとビジネス展開

座長:三林 浩二 氏

14:00〜14:45 HbA1c・高精度センシングの歩みと未来

アークレイ(株) 研究開発部 米原 聡 氏

14:45〜15:30 光る耳でわかる血糖値

東京農工大学大学院 工学研究院 先端機械システム部門 准教授 許 允禎(ホ ユンジョン)氏

15:30〜16:15 創薬に関連したバイオセンシング技術の開発

国立研究開発法人産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門 主幹研究員 丹羽 修 氏

※講師演題はやむを得ず変更になる場合があります。

  • 申込フォーム

第五回 次世代センサ研究発表会

日 程:2015年9月16日(水)

会 場:東京ビッグサイト 展示会場内 特設会場B

プログラム

時間 発表題目/学校名/氏名

10:30〜10:42

唾液中グルコースのためのマウスガード型バイオセンサに関する研究

東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 修士2年  仁田 大揮 氏

10:42〜10:54

人工すい臓(自律駆動式薬物放出系)用減圧機構の高出力化

東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 修士2年  栗原 康司 氏

10:54〜11:06

衝撃圧縮法を用いたBi系酸化物超伝導体の圧力効果とSEMによる評価

東京工科大学 大学院 バイオ・情報メディア研究科 コンピュータサイエンス専攻 修士2年 佐々木 良輔 氏

11:06〜11:18

伸縮性ドライ電極を用いたスマートシャツによる生体信号計測

群馬大学 大学院理工学府 修士1年  天野 祐作 氏

11:18〜11:30

金ナノ粒子埋め込みカーボン薄膜電極を用いた水中ヒ素の電気化学検出

筑波大学大学院 数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 修士2年  加藤 大喜 氏

11:30〜11:42

ナノアロイ分散カーボン薄膜電極の開発と臨床糖マーカー一括検出への応用

筑波大学大学院 数理物質科学研究科 物性・分子工学専攻 博士1年  芝 駿介 氏

11:42〜11:54

ジピコリルアミンを修飾した延長ゲート型有機トランジスタによるHg(II)の検出

山形大学 工学部 機能高分子工学科 学士4年  佐々木 由比 氏

11:54〜12:06

円筒面微細加工技術開発とそれを用いた単一ファイバ電磁走査内視鏡の開発

東北大学 医工学研究科医工学専攻 修士1年  山坂 大智 氏

12:06〜12:18

社会インフラモニタリングのための磁歪振動発電方式自立センサネットワーク端末

金沢大学 自然科学研究科 電子情報科学専攻 修士1年  端崎 諄 氏

※プログラムは、やむを得ず変更になる場合があります。

SICE計測部門セミナー UAVを利用したスマートセンシング

日 程:2015年9月16日(水)

会 場:東京ビッグサイト 会議棟6F 606号室

参加費:主催会員・協賛学会会員(資料有り):5,000円
    一般(資料有り):8,000円
    主催学生会員(資料なし):無料
    一般学生(資料なし):2,000円
    資料代:3,000円

プログラム

13:00〜13:45

輸送産業用Cargo-UAVを利用したスマートセンシングの可能性

産業技術総合研究所 知能システム研究部門 岩田 拡也 氏

13:45〜14:30

小型UAVを用いた水稲栽培の実践

(一財)日本地図センター 田中 圭 氏

14:30〜15:15

無人航空機の法規制に関わる現状

宇宙航空研究開発機構 航空技術部門 河野 敬 氏

15:00〜15:30

休 憩

15:30〜16:15

フィールドセンサネットワークと農業

中部大学 教授 本多 潔 氏

16:15〜17:00

ドローンにおけるサイバーセキュリティ

東京電機大学 准教授 八槇 博史 氏

※講師の都合で時間が変更になる可能性があります。

  • 申込フォーム